篠原涼子 演技力は上手い・下手どっち?

人気女優の篠原涼子さん。

今回は「篠原涼子さんの演技力は上手い・下手どっち? 」ということですが、篠原涼子さんは男性からも女性からも好かれていて、好感度の高い女優さんですよね。

さまざまなドラマや映画に出演されていて、コンスタントに作品に参加されています。

そんな篠原涼子さんの出演作品と彼女の演技力について紹介したいと思います。

 

篠原涼子の印象に残っている作品

篠原涼子さんと言えば、やはり『アンフェア』ではないでしょうか。

 

テレビドラマで放送されてからスペシャルドラマ『アンフェア the special コード・ブレーキング〜暗号解読』、映画『アンフェア the movie』『アンフェア the answer』『アンフェア the end』が放送、公開されています。

 

映画の間にはスピンオフドラマも放送されていて人気の高さがうかがえます。

 

日本の警察を巻き込んだ作品で、篠原涼子さん演じる雪平夏見が、父が殉職した理由を探るために紛争するドラマです。

 

シリアスな場面や切ないシーンもたくさんあり、どの作品も目が離せない完成度の高いものでした。

 

篠原涼子演じる雪平夏見は、寡黙で強く仕事のことしか考えていないような女性です。

 

ですが、娘のことになると弱い場面も出す、母親の一面も持っています。

 

悪に立ち向かっていくシーンも、母親の心情を出すシーンも本当に素敵で、見ると篠原涼子さんのことをより一層好きになる作品です。

 

他には『anego』『ハケンの品格』『月の恋人』『ラストシンデレラ』などたくさんの人気作品に出演されています。

 

タイプは変わっていても、『信頼できる人、頼れる上司』という役柄では共通していると思います。

 

篠原涼子の演技力『上手いと思う人&下手と思う人』

『上手いと思う人』の評価

 

ドラマ『愛を乞うひと』の演技ではかなりの高評価だったようです。

『演技が半端ない。うますぎて涙が止まらなかった』と絶賛されています。

『ハケンの品格』でも一見そっけない派遣社員を演じていましたが、実は人情味あふれるキャラを演じられていました。

そこでは『篠原涼子に感情移入して、派遣の仕事について働くことについて深く考えるようになった』という意見も。

 

『下手と思う人』の評価

 

上手だと思っている人がたくさんいる中で、下手だと思っている人も少なからずいるようです。

その中で多い意見は『ワンパターン』に見えるということ。

今放送されている『民衆の敵』でもそのような意見があります。

「『民衆の敵』『オトナ女子』『ラストシンデレラ』、違う役のはずなんだけど、全部同じ演技に見えてしまう・・・」と思っている人が多いようです。

また『わざとらしい』という意見も。

『演技がわざとなのは察するけれど、オーバーすぎて冷めた目で見てしまう』という意見もあります。

どことなく違和感を感じている人も多いみたいですね。

どの役も『正義感の強い、親切な人』という役を演じられているから同じ演技になってしまうのかもしれません。

 

篠原涼子の演技力は『上手いor下手』どっち?管理人の意見

私は篠原涼子さんの演技は『役柄により上手にも下手にもなる』と思います。

 

『下手』と言っている人の意見の中での『わざとらしい』や『ワンパターン』という理由も、私も同じように感じてしまってしました。

 

『民衆の敵』を見ていても、この役どこかでやってたな・・・と思ってしまったり、篠原涼子さんの演技がお腹いっぱいに感じてしまったり。

 

同じような役柄が続いたからこう思うのかもしれません。

 

でも、上手だと思う時もよくあります。

 

『愛を乞うひと』ではシリアスな演技に魅了されましたし、『アンフェア』ではいろいろな感情を抱えているんだろうなと見ながら考えさせられました。

 

今放送されている『民衆の敵』は少し演技に飽きてきてしまった感はありますが、最後まで見続けようと思います。

 

普通の主婦だった女性が、市長になってこれからどのように変わっていくか楽しみです。

 

彼女のこれからの演技にも注目しながら、皆さんも見てみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA