名探偵コナン ベイカー街の亡霊 映画のネタバレ結末!犯人は誰!?

今回紹介する映画「名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊」は2002年に放映された作品で、名探偵コナンの映画作品の中でもトップクラスの人気を誇る作品。

この映画「名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊」のあらすじや登場人物、ネタバレのあらすじ結末、アニメ「名探偵コナン」全話のフル動画のお得視聴方法まで今回はお伝えしていきますね!

 

>>歴代の名探偵コナン映画ランキングはこちら

 

映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」の登場人物・キャスト

■江戸川コナン(声:高山みなみ)/工藤新一(声:山口勝平)

「名探偵コナン」の主人公です。

工藤新一はその鋭利な推理力で高校生探偵として名を馳せていたのですが、あるとき、犯罪の匂いを感じ取り、それを追って嗅ぎ回っていました。

しかし、それにあまりに熱中していたために不審人物が近付くのが分らずに工藤新一は不意を襲われ気を失ってしまいます。

その工藤新一が追っていたのが「悪の組織」と言われる闇の組織で、新一は試作段階の毒薬を飲まされ、気が付くと体が幼児化していたのです。

黒の組織に新一が生きていることがばれると新一はもちろんのこと、周囲にも危害が及ぶと考えた新一は、毛利蘭に「名前は?」と聞かれてとっさに江戸川コナンと名乗ったのでした。

これ以降、江戸川コナンは小学校に通いながらも、難事件を次々と解決してゆくのです。

 

■毛利蘭(声:山崎和佳奈)

「名探偵コナン」のヒロインです。工藤新一の恋人であり、コナンのお姉さん的な存在で、コナンがピンチの時には献身的にコナンを助けます。

空手の達人です。

 

■灰原哀(声:林原めぐみ)

元「黒の組織」のメンバー出、組織を抜け出そうとして、新一と同じ毒薬を飲まされ、体は幼児化する。阿笠博士(声:緒方賢一)の家に居候しコナンと同じ小学校に通う。

コナンと共に毒薬の解毒剤を密かに試作むしている。

 

■工藤優作(声:田中秀幸)

新一の父親で人気ミステリー作家です。本作では重要な役回りを演じることになります。

 

■ヒロキ・サワダ(声:折笠愛)

10歳で米国のマサチューセッツ工科大学大学院に在籍する天才少年です。

両親は離婚していて、日本の教育に限界を感じ、母親と共に渡米。

母親が亡くなるとIT産業界の帝王トマス・シンドラーが養父となり、人工頭脳「ノアズ・アーク」やDNA探査プログラムを作り上げます。

そのために全米で注目の的となり、厳しい監視下に置かれることに。

「ノアズ・アーク」を電話回線に放ち、自身はビルの屋上から投身自殺してしまいます。

 

■トマス・シンドラー(声:津嘉山正種)

シンドラーカンパニーの会長です。

ヒロキの養父で、シンドラー帝国を築いています。

 

■樫村忠彬(平田広明)

新感覚ゲーム「コクーン」の開発主任で、ヒロキの父親です。また、工藤優作とは大学時代の親友で、コクーンの開発に工藤優作と共に携わっていました。

 

■脚本:野沢尚

江戸川乱歩賞を受賞したこともある小説家です。

野沢尚が脚本を依頼されたのは、「名探偵コナン」の劇場版を長年にわたり続けてゆく中で、マンネリ化を防ぐために白羽の矢が当たったとのことです。

 

映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」の予告動画

映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」のあらすじとラスト・結末(ネタバレ注意!)

ヒロキが自殺してから二年後、東京都米花市米花シティホールで日本のゲームメーカーとシンドラーカンパニーが共同開発した体感型シミュレーションゲーム「コクーン」の覆面発表会が行われていたのです。

 

コクーンという愛称のこのゲームは繭の形をしたカプセルに入り、催眠状態の中で音声認識システムを持つゲームと対話しながらバーチャルリアリティの世界で遊ぶという最新テクノロジーの粋を集めたゲームのことです。

 

その発表会に招待されたコナンたち。

 

しかし、コクーンを体験できるのは政財界の実力者の孫や息子など「特権階級」の二世三世の子息たちのみなのでした。

 

これに対して灰原哀は「まるで悪しき日本の世襲制が凝縮された光景ね。こうした世襲制と共に人間の過ちの歴史が繰り返されるのよ」と皮肉たっぷりに語るのです。

 

会場でサッカーボールで遊ぶ子供たちを開発責任者の樫村が辞めるように説き伏せます。

 

コクーンは電気的に中枢神経に働きかけ、害は全くないと強調されるのです。

 

会場に豪華なブロンズ像を持ち込んだシンドラー会長。

 

樫村開発部長のところへと乗り込んでいったシンドラー会長に樫村は「シンドラーの秘密をヒロキは知ってしまった」といい、ヒロキは精神的に追い込まれ、シンドラー会長に殺されるのではないかと思い、ノアズ・アークを作成。

 

そして、シンドラー会長にDNA探査プログラムを見せようとした樫村開発部長はシンドラーに刺殺されます。

 

殺人現場に潜り込んだコナンはパソコンのキーボードの血の跡を見つけそれがダイイングメッセージだと確信。

 

それはJとTとRのキーに血が付いていたのでした。

 

それがJTRと繋げてその意味が分ったコナン。

 

それはJack The Ripper、つまり「切り裂きジャック」を指していると推理したコナンは、急いでコクーンに乗り込む手立てを整えて、コクーンに乗り込みます。

 

また、コクーンに乗れる人だけがもらえるバッチを手に入れた蘭たちの仲間もコクーンに乗れることになったのでした。

 

いよいよコクーンがスタート。

 

しかし、スタートするや否やコクーンは制御不能になります。

 

そして、ヒロキが完成させた1年で人間の5歳分成長する人工知能「ノアズ・アーク」はこのとき、ヒロキと同じ年齢になっていました。

 

ノアズ・アークとは旧約聖書の「ノアの方舟」を意味します。

 

そんな中、ヒロキの声が「我が目的は日本という国のリセットだ」と会場中に響くのでした。

 

そして、コクーンをクリアできた人がいなかった場合、特殊な電磁波で脳が破壊されるのです。

 

コクーンには5つのステージがあり、それは「ヴァイキング」「パリ・ダカール・ラリー」「コロッセウム」「ソロモンの秘宝」「オールド・タイム・ロンドン」で、 その中から各自選ぶのです。

 

ヒロキの言葉で怖がり色めき立った子供たちは蘭のひと言で勇気づけられ、それぞれのステージに挑むのでした。

 

コナン等はオールド・タイム・ロンドンのステージを選択。

 

そこは100年前の霧の都ロンドンが舞台なのでした。

 

工藤優作が関わったコクーンのオールド・タイム・ロンドンは正にシャーロック・ホームズが存在するという現実と小説と現実がない交ぜになったものなのです。

 

コナン等の前を妙な浮浪者(声:宝亀克寿)がアコーディオンを弾き「血まみれに」と歌いながら歩いて行くのでした。

 

とりあえず、ベイカー街のホームズ宅を訪ねたコナン等は、ハドソン夫人(声:速見圭)にホームズ(声:田中秀幸)とワトソン博士が不在であることを伝えられます。

 

しかし、ハドソン夫人はコナン等を先日大活躍したベイカー・ストリート・イレギュラーズと間違えて、ホームズ宅へと招き入れます。

 

そこで、コナン等はジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)(声:速水奨)の資料を探すのでした。

 

そして、コナンは9月8日土曜日にジャック・ザ・リッパーの二人目の犠牲となったハニー・チャールストンに目をとめ、そこにあった二つの大きさの違う指輪の遺留品の写真を手にして、モリアーティ教授(声:小林清志)に会いに行くのです。

 

しかし、そうこうしているうち他のステージでは次々と脱落してゆく子供たちが続出。

 

コナン等は仲間を脱落させたのですが、何とかモリアーティ教授に会えました。

 

モリアーティ教授が言うにはジャック・ザ・リッパーは、モリアーティ教授が殺し屋に育て上げたのですが、現在はもうモリアーティ教授の想像を超えて暴走しているとのこと。

 

そして、明日の新聞広告にモリアーティ教授からジャック・ザ・リッパーへの伝言が載るということでした。

 

警視副総監の孫の諸星秀樹(声:緒方恵美)は、コナン等に対してホームズ宅から銃を持ち出し、仲間を失ってしまったことを謝り、お互いの絆が深まります。

 

新聞広告は「今宵オペラ座のステージを掃除したり。MからJへ」と言うものでした。

 

オペラ座のステージに立つ予定だったのは離婚して独身に戻ったホームズが愛した女性、アイリーン・アドラー(声:島本須美)なのです。

 

それは父の工藤優作が関わったためにアイリーンは新一の母親そっくりになったに違いないのです。

 

ジャック・ザ・リッパーの5人目の犠牲者になるから今夜の公演を中止するようにとコナンは進言するのですが、アイリーンはコナン等が助けてくれると言ってステージに立つのでした。

 

肝が据わっているところは新一の母親そのものなのです。

 

間もなくして、ジャック・ザ・リッパーが仕掛けた爆弾が次々と爆発。

 

落下する照明器具からアイリーンを守るために江守晃(声:愛河里花子)と滝沢進也(声:高乃麗)が身を挺して助けてゲームから脱落したのでした。

 

そして、爆発からコナンを守るために灰原が身を挺しゲームオーバーに。

 

コナンと蘭と諸星はジャック・ザ・リッパーを追います。

 

場所はチャリング・クロス駅です。

 

汽車に飛び乗るジャック・ザ・リッパーとコナンたち。

 

それを見ているしかできない父親の優作は「一番、飛びっ切り危険な結末が待っている」と呟きます。

 

車掌に汽車にジャック・ザ・リッパーが乗っていると伝えて一カ所に乗客を車掌は集めました。

 

そして、コナンは車掌に耳打ちをして乗客の皆に手を挙げてもらいます。

 

コナンは二人目の犠牲者のハニー・チャールストンはジャック・ザ・リッパーの母親で指輪は母親とその子のものと推理していたのです。

 

子どもの指輪は小さいままだったので薬指が極端に細くなっていると考えが及んだコナンは遂にジャック・ザ・リッパーを追い詰めます。

 

しかし、煙幕で一瞬にして乗客全てが消えたのでした。

 

残されたのはコナンと諸星の二人のみ。

 

と、それと時を同じくして優作が樫村開発部長を殺害した犯人を追い詰めてゆきます。

 

凶器はシンドラー会長が会場に持ち込んだブロンズ像の短剣で、そこにあった指紋がシンドラー会長のものなのでした。

 

シンドラー会長は短剣がなくなれば誰かが気が付くではないか、と優作の論理破綻を突くのですが、ゴミ箱から短剣に似せて作られたものが見つかり、そこに諸星とシンドラー会長の指紋が見つかるのです。

 

それが何故なのかと優作は監視カメラが映していた映像を見せて、偽物の短剣はサッカーボールに興じていて短剣を落としてそれを元に戻すために諸星が触っていたのが映っていたのでした。

 

一方、バーチャルリアリティの世界ではコナンと諸星は機関室に行きましたが、石炭はたんまりとくべられていて、ブレーキは壊されていたのです。

 

加速し暴走する汽車。

 

コナンは客車の屋根が怪しいと急いで屋根に上ってみると、ジャック・ザ・リッパーと彼とロープで縛り付けられ繋がっていた蘭が見つかりました。

 

コナンがジャック・ザ・リッパーに何を望むと聞くと、ジャック・ザ・リッパーは「生き続けることだ。おれに流れている凶悪な血をノアの方舟に乗せてな」と言い放ちます。

 

そして、それを聞いた優作は「これがシンドラー会長の犯行理由」と言い切ります。

 

何とシンドラー会長はジャック・ザ・リッパーの子孫だったのでした。

 

ヒロキはデータを集められるだけ集めて、短剣からハニー・チャールストンのDNAが見つかり、それがシンドラー会長のものと一致したことを知ってしまったのです。

 

シンドラー会長はハニー・チャールストンの子どもがジャック・ザ・リッパーで、ハニー・チャールストンのDNAとシンドラー会長のDNAが血縁関係であることをヒロキに知られることを恐れました。
汽車は加速し続けて暴走しています。

 

「危ない、コナン君」と蘭の言葉で後ろを振り返るとトンネルが迫っていました。

 

慌てて、身をかがめたコナンと諸星。

 

しかし、そのすきにジャック・ザ・リッパーがコナンを押しつけてコナンは絶体絶命なのです。

 

諸星が助けようとしますが、ジャック・ザ・リッパーに軽く足なわれてしまうのでした。

 

もう為す術がないと言うときに蘭を見ると蘭は崖下へ飛び込もうとしていたのです。

 

蘭は新一の言葉を思い出していたのでした。

 

「君を確実に破滅させることが出来るならば公共のために喜んで死を選ぼう」

 

蘭はコナンに全てを託して飛び降ります。

 

それと共にジャック・ザ・リッパーも崖下へと落下。

 

しかし、後5分足らずで終着駅に突っ込む暴走機関車は、もう止めようがなかったのでした。

 

そこにあのアコーディオンで歌を歌う浮浪者が現われ、「まだ、血に染まっていない」とホームズへと姿を変えながらコナンへと言うのです。

 

それを聞いたコナンと諸星は最後尾のワインが積み込まれた貨車へと走り行き、ワイン樽を片っ端から壊し、貨車内をワインでたぷたぷと満たすのでした。

 

そして、汽車が終着駅へと突っ込んだ瞬間ワインの中に潜って、衝突の衝撃を和らげ、何とか無傷でコナンと諸星は助かるのです。

 

更に驚くことに諸星がヒロキだったのです。

 

しかし、コナンは途中からそれに気付いていました。

 

ヒロキは一致団結する素晴らしさを味わい、そして、そもそも友達と遊んだことがなかったので凄く楽しかったのです。

 

「君とお父さんの絆が羨ましかった。現実の世界はゲームのように簡単じゃない」とヒロキは言い残し、コナンと別れ、消えゆくのでした。

 

コナンがゲームクリアしたためにゲーム参加者全員が助かります。

 

目が覚めた諸星は何が起きたのか分らないのでした。

 

「お前にしては時間がかかったな」と父の優作がコナンに言います。

 

そして、ノアズ・アークは自ら動作を止めてゆくのでした。
B’zのエンディングテーマが流れた後にコナンがゲームをクリアできないという落ちで本作は幕を閉じます。

 

映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」見どころ&感想

本作の見どころはなんと言ってもコナンたちとジャック・ザ・リッパーとのせめぎ合いです。

 

どのようにしてコナンがジャック・ザ・リッパーを追い詰めて行くのか手に汗握る展開は、まるでジェットコースターに乗っているかのようなスリルたっぷりで、目眩く物語が展開してゆきます。

 

伏線も至る所に張られていて、片時も目を話すことができません。

 

何故、諸星がヒロキとコナンが分ったのかもよく映画を見て推理するのも楽しいです。

 

諸星が最初にサッカーボールを蹴りながら登場するところから既にコナンワールドが始まっているのです。

 

また、テレビ版では余り登場しない工藤新一の父親の優作が重要な役回りで存在感たっぷりに魅力を振りまいているのは、他の作品では見られない見どころで、その描き方は秀逸です。

>>名探偵コナン 歴代の人気映画ランキング!評価・口コミのポイントはこちら

 

映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」の口コミ・評価

 

女性・20代
評価:★★★★★

「ベイカー街の亡霊」は現代のVR技術よりも更に未来の技術を扱った世界観の話なので、当時は映画館で見ていてもう何年も前の作品ではありますが今見てもスリルとサスペンスに満ちていてとても良い作品です。
自分の子供が少年探偵団の子たちの世代になったらぜひ見せてあげたい作品のひとつです。VR世界内での少年探偵団の活躍だけでなく、外の現実世界での大人たちの活躍も見どころの一つで、新一の父親の優作さんも大活躍です。
他のコナンの映画作品と比べると異色の作品ですが、私の中では1,2位を争う好きな作品です。

男性・20代
評価:★★★★★

ベイカー街の亡霊の面白さはの大部分は普段のコナンでは見ることのできない世界観にあると感じました。
現実世界で起きる事件を解決するために行動するのではなく、ゲームの中に入ったコナン達が命をかけて推理をしていくところが最大の魅力だと思います。
さらに舞台は日本ではなく海外になっていたりと変わった世界観を楽しむことができつつ、ストーリーもしっかりと考えられているので見終わった頃には満足することができた素敵な映画です。

男性・20代
評価:★★★★★

この映画は当時、作者の青山先生が最高傑作といっていたほどの作品であり、中学時代に見た私も映画に取り込まれた記憶が今でもある。
コナンや元太、光彦などのおなじみの少年探偵団は最新シュミレーションゲームコクーンに入り、幻想の世界で切り裂きジャックがいた頃のロンドンに入り込む。
その中で、様々な推理、様々な仕掛けをされて、少年探偵団は全滅し、ゲームから抹消されてしまう。
私はこの頃子供だったので、ゲームで亡くなると現実でも消される恐怖をまじまじと思い知ったのを覚えている。蘭とコナンが最後まで残り、戦い続けるのだが、とにかくシャーロック・ホームズに大注目!どれがシャーロック・ホームズなのかを調べるのも楽しいです、ぜひゲームに迷い込んだ気持ちでみてください。

男性・20代
評価:★★★★★

シャーロック・ホームズ×切り裂きジャックといえばいろんな形で作品化されてきたネタだけど、期待に違わず名探偵コナンバージョンも楽しかったです。
なによりもの特徴といえばホームズ自身がほとんど出てこないところで、その代わりにコナンたちがホームズの世界を冒険するストーリーは自分もその世界にいるかのようで面白かったです。
切り裂きジャックの正体に迫るまでの推理も通説に則らない新鮮なもので、新しいホームズ×ジャックを楽しめる作品でした。

女性・20代
評価:★★★★★

この映画の特徴は、コナンシリーズのなかでも独特の世界観であることだと思います。
ゲームの中の世界で仲間と推理、協力をしていくストーリーなだけあってほかのコナン映画にはない、過去の世界に入り込むという形でストーリーが展開します。
ゲームの中なので大人に助けを求めることができないもどかしさもありますし、なにより終盤はとてもスピーディーに話がすすみ、とてもハラハラします。
物語の中には少し切ない部分、生きてる上で考えさせられる部分もありました。

女性・20代
評価:★★★★★

子供の時、当時のコナン映画の中でベイカー街の亡霊が1番好きになったのを覚えています。
カプセルに入ってゲームを楽しむという最先端な雰囲気で、なのにゲームの世界観はジャックザリッパーがいた時代のロンドンという古い設定。
あの雰囲気、好きでした。ゲームで犯人と対決するシーンはハラハラドキドキでした。
列車の上で蘭がギリギリ落ちそうになったり、駅に突っ込むまでにコナンが解決策を閃くまでスリル満点でした。
後にも先にもコナン映画であの雰囲気の映画はないと思います。
コナンが好きなシャーロックホームズが出てくるような世界観は見てる方もワクワクしました。

 

アニメ「名探偵コナン」全話のフル動画を無料で視聴する方法

 

アニメ「名探偵コナン」全話のフル動画を無料で視聴する方法は動画配信サービスの「U-NEXT」を活用する方法になります。

 

U-NEXTはかなり多くの映画やドラマがあり、配信本数は120,000本以上!

 

月額基本料金1990円(税抜き)で、対象作品の映画(洋画、邦画)が無料で見放題になっています。

 

そのU-NEXTなんですが、現在「31日間無料キャンペーン(ビデオサービス)」を実施しているので、31日間は無料!

 

注意が必要なのは、全てが見放題ということではなく「見放題対象作品」と「レンタル作品」の2種類あるということ。

 

しかし!アニメ「名探偵コナン」は全話・全てのシーズンが見放題対象となっているので、31日間は無料でお試しができるので、スマホやタブレットで映画やドラマが見放題で楽しめます!

 

入荷したばかりの新作映画もU-NEXTのキャンペーン特典で貰える600円分のU-NEXTポイントを利用すれば、無料で視聴可能。

 

もし試してみて必要なかったら、無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓

>>まず「U-NEXT」の無料お試しを利用してみるならこちら

>>「U-NEXT」でどんな作品が観れるチェックするならこちら

 

本サイトの配信情報は2018年1月28日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはU-NEXTの公式ホームページを確認してください。

U-NEXTの登録の流れがよくわからない方はこちらを確認してください。

⇒ U-NEXTの登録の流れはこちら

おすすめの動画配信サービス

ドラマや映画(邦画、洋画)、電子書籍など、お得に楽しむことができるおすすめの動画配信サービスを紹介します!

実際にサービスを利用した方の口コミや評価なども紹介しているので参考にしてみてください♪

名探偵コナンで人気の映画シリーズ

歴代の名探偵コナンの映画シリーズをコナンファンの口コミや評価をもとに作ってみました。

名探偵コナンの映画は年々進化しているので、ぜひランキングを参考に観たことがない作品があったらチェックしてみてくださいね!

このサイトの最新記事

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA