ハリーポッター 映画の順番はこれ!

大人気映画「ハリーポッター」シリーズは全部で8作品で公開されており、さらにスピンオフ作品として「ファンタスティック・ビースト」の第1作目も公開されました!

ハリーポッターは第1作目から注目の映画だったんですが、全部で8作品ある上に映画タイトルも長く、どれがどの順番で見ればいいんだっけ?と結構迷ってしまいます。

なので、今回は映画「ハリーポッター」シリーズを観る順番や時系列ではどの順番になるのかやあらすじも紹介していくのでチェックしてみてくださいね♪

 

映画「ハリーポッター」シリーズの順番

 

まず、映画「ハリーポッター」シリーズが公開された順番を並べていきます。

 

映画「ハリーポッター」シリーズの公開年順

 

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

①第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)

②第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)

③第3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)

④第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)

⑤第5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)

⑥第6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)

⑦第7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)

⑧第8作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)

[/colored_box]

 

上記がハリーポッターシリーズの公開年順になります。

 

ご覧の通り、「ハリーポッターと〜(サブタイトル)」という感じで、映画のタイトルになり今はこういう順番ねとわかるかもしれませんが、時間がたつとどの順番が正確なんだっけと忘れてしまいます。

 

次にハリーポッターを観るならスピンオフ作品の「ファンタスティック・ビースト」シリーズについても説明する必要があるので、観る順番の前にまずはファンタスティック・ビーストを紹介しますね。

 

映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズの順番

 

映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズの順番は以下のようになります。

 

映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズの公開年順

 

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

①第1作目『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016年)

②第2作目『ファンタスティック・ビースト2(仮)』(2018年)

③第3作目『ファンタスティック・ビースト3(仮)』(2020年)

④第4作目『ファンタスティック・ビースト4(仮)』(公開日未定)

⑤第5作目『ファンタスティック・ビースト5(仮)』(公開日未定)

[/colored_box]

 

公開年順は上記のようになり、1作目のみ公開済み。

 

第2作目と第3作目については2018年と2020年に新作が公開すると決定済みですが、まだ正式なタイトルが公開されていないので仮タイトルで順番をつけています。

 

第1作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は「ハリー・ポッターと賢者の石」から約70年前の世界を描いた作品になっています。

 

なので、ハリーポッターの世界が始まる前の世界を 観ることができ、ハリーがいた時と世界や魔法がどんな風に変化したのか比較しながら観ることができるのも楽しみの1つ。

 

続編も公開が決定しているので、ハリーポッターにどんな感じで繋いでいくのかも楽しみですよね♪

 

ただ、映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズの続編はあくまで予定ですので、人気が低迷すれば公開打ち切りなんてことも十分考えられます。

 

なので、ハリーポッターの世界を今後も楽しみたい方は、「ファンタスティック・ビースト」シリーズをしっかりおしていきましょう!

 

映画「ハリーポッター」シリーズの時系列での順番

 

映画「ハリーポッター」シリーズと映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズについて少し紹介していったので、次は時系列で並べた順番を紹介していきます。

 

これは時系列での順番になりますので、映画を観るおすすめの順番にもなります。

 

映画「ハリーポッター」シリーズの時系列順

 

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

①第9作目『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』(2016年)

↓約70年後の世界

②第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)

↓1年後

③第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)

↓1年後

④第3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)

↓1年後

⑤第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)

↓1年後

⑥第5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)

↓1年後

⑦第6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)

↓1年後

⑧第7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』(2010年)

↓続編

⑨第8作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』(2011年)

[/colored_box]

 

上記の順番がハリーポッターシリーズの時系列順になります。

 

新しく公開された「ファンタスティック・ビースト」シリーズはスピンオフ作品でハリーポッターよりも前の世界なので、理想はハリーポッターの前に見ておいたほうがいいでしょうね。

 

でも、ハリーポッターシリーズから観ても全く問題はないです♪

 

映画「ハリーポッター」シリーズのあらすじ

 

映画「ハリーポッター」シリーズは全8作品とかなりの超大作ですが、全部を1から観るのも大変ですし、どんな内容だったけ?と忘れた方もいると思います。

 

なので、映画「ハリーポッター」シリーズの全作品のあらすじを簡単に紹介していきますね。

 

第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)

生まれてすぐに両親が死んでしまい、孤独な日常を送っていたハリー・ポッター。

 

ハリーは自分が11歳の誕生日の時に驚愕する手紙を受け取ります。

 

その手紙に書いてあったのは「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」という文面。

 

魔法・・・、実はこの手紙をきっかけにハリーの両親は歴史に名を残す偉大な魔法使いであり、その血を引き継いでいるのが自分だと知ることになるのです。

 

ハリーは魔法魔術学校で世界からやってきた生徒達と新たな学校生活を送り始めるのですが、ハリーを待ち受けていたのは闇の魔法使いヴォルデモート卿でした。

 

ヴォルデモートとは一体どれほどの敵なのか。

 

そして、ハリーはこのヴォルデモートに勝つことができるのか。

 

ハリーの前に現れる強敵をきっかけに、ヴォルデモートとの戦いが始まり、ハリーが自身の魔法で世界を救うための物語が始まります。

 

第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)

ホグワーツ魔法魔術学校で2年生になったハリー・ポッター。

 

夏休みにはい、人間界への帰省でダーズリー家に戻っていました。

 

夏休み期間のため、親友のロンとハーマイオニーに手紙を送るのですが、その手紙の返事が全く届きません。

 

待てど暮らせど届かない返事に疑問を持つハリーですが、そんなある日、ハリーは部屋に屋敷しもべ妖精のドビーが現れます。

 

ドビーが人間界にまで何をしてきたのかというと、ホグワーツに戻ってはいけないという警告のためでした。

 

ホグワーツに何か異変が起きている・・・。

 

一方、このホグワーツ魔法魔術学校では、「秘密の部屋」についていろんな噂が。

 

「秘密の部屋」事件について知ったハリーはロンとハーマイオニーと一緒に秘密の部屋に入らなければいけない状況になってしまうのですが・・・。

 

第3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)

ホグワーツ魔法魔術学校で3年生になったハリー・ポッター。

 

ハリーはある日、魔法界の刑務所にあたるアズカバンからシリウス・ブラックが脱獄し、さらには自分の命を狙っていることを知ります。

 

シリウスはヴォルデモートの部下でハリーの両親の死に深く関係する人物でもあります。

 

新学期が始まり、「闇の魔術に対する防衛術」の教授としてリーマス・ルーピンが就任するのですが、このルーピンから吸魂鬼と戦うために「守護霊の呪文」を教わり始めました。

 

しかし、この大量の吸魂鬼がハリー達を襲い一気に大ピンチに!

 

そんなピンチの時にある人影が現れるのですが、これはもしかしてハリーの・・・。

>>ハリーポッターとアズカバンの囚人の動画の無料視聴方法はこちら

 

第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)

ホグワーツ魔法魔術学校で4年生になったハリー・ポッター。

 

夏休みの期間が終了しホグワーツに戻ってきたのですが、100年ぶりに伝説のイベントでもある「三大魔法学校対抗試合」が開催されるというのです。

 

この対抗試合は、3つの魔法学校が代表者を1名ずつ選抜し、魔力を使った競技で闘うというもの。

 

炎のゴブレットが各魔法学校の代表選手を選出するのですが、なぜか立候補していないハリーも選手として選ばれてしまいます。

 

大会の正式なルールとしては代表者3人なのですが、代表者が4人になってしまう異例の事態。

 

この異例の事態に生徒達は同様を隠せないのですが、この大会の裏であの闇の魔法使いヴォルデモートが暗躍していたのです。

 

この暗躍には、「ヴォルデモート復活」が関係しています。

 

とうとうヴォルデモートが復活し、世界が闇に包まれてしまうのか・・・。

>>ハリーポッターと炎のゴブレットの動画の無料視聴方法はこちら

 

第5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)

ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー・ポッター。

 

ハリーはこの年、ヴォルデモート復活の真実を受け止めようとしない魔法省と対立し、ホグワーツ退学の危機に陥っていました。

 

一方、ヴォルデモートの闇の魔術に対抗しなければいけない時に、魔法省の人間で上級次官のドローレス・アンブリッジがホグワーツの闇魔術の教授につきます。

 

魔法省は生徒達に闇魔術の防衛術を実技で訓練をさせないためにアンブリッジを派遣したのです。

 

これに反発したハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は「ダンブルドア軍団」を結成し、ヴォルデモート闇魔術に対抗するために戦闘訓練を開始。

 

そして、ハリーはシリウス・ブラックが拷問される夢を見たことで、ダンブルドア軍団と一緒に魔法省の神秘部へ迎います。

 

さらに、アズカバンからは死喰い人が10人脱獄してしまうという事件も起きてしまいます。

 

死喰い人の脱獄で壮絶な戦いが予測されるのは確実。

 

ヴォルデモートも現れ、ハリーとヴォルデモートの戦いが始まってしまうのか・・・!?

>>ハリーポッターと不死鳥の騎士団の無料視聴方法はこちら

 

第6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)

ホグワーツ魔法魔術学校の6年生になったハリー・ポッター。

 

ロン・ウィーズリーの実家「隠れ穴」で仲間たちと一緒に夏休みを謳歌していました。

 

夏休みを楽しむ生徒達の裏では、ヴォルデモートが復活して以降、謎の事件が多発。

 

夏休みが終わり新学期が始まると、ハリーは新しくやってきた教授ホラス・スラグホーンから「魔法薬学」の教科書を借ります。

 

この魔法薬学の教科書には「『半純血のプリンス』の蔵書」と記載があり、魔法薬だけでなくスラグホーンが開発した闇の呪文も書いてありました。

 

「半純血のプリンス」の正体は一体・・・。

 

前回のヴォルデモートとの戦いから感じるものがあったのか、ダンブルドア校長がハリーへ直接、ヴォルデモートとの戦いに準備するために授業を行います。

 

ハリーはヴォルデモートの出生や生い立ちの謎、ヴォルデモートが「闇の魔法」に関わってしまう原因などを探るのですが、ヴォルデモートの不死の力の源の1つでもある「分霊箱」の破壊が必要だということを知ることに。

 

この分霊箱を探すためにハリーとダンブルドアは探索に向かうのですが、この分霊箱の探索をきっかけに大ピンチが訪れます。

 

ハリーやダンブルドアは無事に生還できるのか。

 

それとも誰かが犠牲になってしまうのか・・・。

>>ハリーポッターと謎のプリンスの無料視聴方法はこちら

 

第7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)

ホグワーツ魔法魔術学校の7年生に進級するはずだったハリー・ポッター。

 

しかし、ハリーはヴォルデモートを倒すために必要な「分霊箱」を探索し破壊するために学校に行くことはありませんでした。

 

ヴォルデモートを倒すための唯一の手段が分霊箱だったからです。

 

ダンブルドアが亡くなったことで、ヴォルデモートの勢力はどんどん 強大化していきます。

 

分霊箱の探索の旅に親友のロンとハーマイオニーも同行するのですが、仲間割れをしてしまい分霊箱の探索どころではありません。

 

さらに、魔法省もヴォルデモートから乗っ取られてしまう事態に。

 

一方のホグワーツもヴォルデモート側になったスネイプが校長になってしまい、ハリーはどんどんヴォルデモートの包囲網が固まっていきます。

 

ヴォルデモートの軍勢は着々と力をつけて行く中、ハリー達はヴォルデモートを倒すための鍵を全て見つけることができるのか・・・。

 

第8作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)

分霊箱の探索の旅を続けるハリー・ポッター。

 

ハリーは、分霊箱を探す道中で「死の秘宝」について知ることに。

 

この「死の秘宝」はニワトコの杖、蘇りの石、透明マントの3つで構成されており、全ての秘宝が強力な魔力を秘めていると知ります。

 

ただでさえ強力なヴォルデモートが死の秘宝を入手してしまえば、世界はヴォルデモートの思うがままになってしまう。

 

しかし、ヴォルデモートは「死の秘宝」の1つ「ニワトコの杖」を手に入れてしまいました。

 

ヴォルデモートが従える大軍勢からホグワーツ魔法学校は包囲されてしまい、もはや争うすべもなしか。

 

ヴォルデモートとの最終決戦となるのですが、ヴォルデモートと死喰い人の一大集団が襲いかかり、当然闇の力に圧倒されてしまいます。

 

果たしてヴォルデモートとの戦いにハリーは勝利することができるのか・・・。

 

ダンブルドア前校長の秘密やハリーの母親リリーとスネイプの悲しい過去、ヴォルデモートとの戦いの結末など一気にいろんな真実が明らかになっていきます。

 

ハリーポッターはどのような最後を迎えるのか・・・。

 

映画「ハリーポッター」シリーズを無料視聴!

 

映画「ハリーポッター」シリーズを観るなら最新作から名作まで12,000本を配信している動画配信サービス「U-NEXT」がおすすめです。

 

基本料金は月額1990円(税抜)でテレビやPCだけでなく、スマホやタブレット、ゲーム機を使っても視聴可能。

 

さらに、今なら31日間無料トライアルでお試し視聴が映画やドラマが見放題!

 

もし試してみて、観たいものが観れたら無料期間内に解約することで料金は一切かかりませんし、新作の作品でも最初にもらうことができる特典のU-NEXT600ポイントを活用すれば、無料視聴することができます。

 

映画「ハリーポッター」シリーズで見逃してしまったものだったり、スピンオフ作品になる「ファンタスティックビースト」を観る時には特におすすめ!

 

まずは31日間の無料トライアルを使って、観たかった海外ドラマを視聴してみるといいですよ♪

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=ay6wcfah&acode=jg2krcmvdzpg&itemid=0″]「U-NEXT」を使って無料で視聴する[/btn_l]

 

※注意:映画「ハリーポッター」シリーズの配信期間は、それぞれで期間が決まっています。

本サイトの配信情報は2017年10月17日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTの公式ホームページを確認してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA