9<ナイン>映画のネタバレあらすじとラストの結末!

【お知らせ】

当サイトの各記事に記載している見逃したドラマを実質無料で視聴できるFODプレミアムの「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了します。

 

映画「9<ナイン>〜9番目の奇妙な人形〜」は2010年に放映されたアメリカの映画。

人類滅亡後の地球で1体の人形・9が目を覚まし、人類滅亡の理由や人形達が生まれた理由などを探すために9が旅にでます。

それぞの数字に人形達に役割があり、今注目度の高い人工知能に関する機械も出てきます。

今回はこの映画「9<ナイン>〜9番目の奇妙な人形〜」のネタバレあらすじ、ラストの結末をお伝えしていきますね!

 

映画「9〜9番目の奇妙な人形〜」の公式予告動画

 

映画「9〜9番目の奇妙な人形〜」の登場人物

人形達

「9(Nine)」
主人公。科学者によって作られた最後の人形だが、まだ未完成で2の手助けで会話が出来るようになります。
勇敢で、心優しい青年(?)。

「2(Two)」
最初に9と出会った、高齢の人形。
発明家で、9が最初に持っていたボタン型の機械を知っているようだが、敵に捕まってしまいます。

「5(Five)」
猫型ビーストに襲われた9を助けた、片目の人形。
臆病で繊細だが、以前2に命を助けられた事があり、9と2人で、2の救出に向かいます。

「1(One)」
最初に作られた人形。人形達のリーダー。
人形達をビーストから守る為、ルールを固く守ります。

「8(Eight)」
腕力自慢の1の側近の人形。

「6(Six)」
芸術家の人形。

「7(Seven)」
勝気な性格の女型の人形。
華麗な動きでビーストと戦う、女戦士。

「3(Three)・4(Four)」
行方不明だった双子の人形。

 

機械

「ビースト・猫型ビースト」
目に赤いカメラがついていて、荒れ果てた世界を闊歩する蓋骨でできており、左目は赤いカメラ、右目は暗闇でも敵のありかが分かるように白熱電球がついています。

「ザ・マシーン」
人工知能が埋め込まれており、ビーストを生み出した元凶。

 

科学者

9体の人形の生みの親。
そして、ザ・マシーンに埋め込まれている人口知能を作った科学者。
9が目覚めた部屋で死んでいました。

 

映画「9〜9番目の奇妙な人形〜」の見どころ

原作は、ジェーン・アッカー監督が大学生時代に作成した、「9」という短編映画。

 

この短編映画で第78回アカデミー賞短編アニメ賞にノミネートされました。

 

「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」などの有名な作品を手掛けた、鬼才ティム・バートンのプロデュースで長編映画化されました。

 

舞台は、人類滅亡後の世界。

 

背中に数字が書かれている9体の人形達が機械獣と戦うダークファンタジー。

 

ドキドキのアクションシーンや仲間達と助け合いながら、真実を突き止めに行くストーリーは、80分間目を離せません!

 

登場してくる人形達は、みんな同じ麻布で作られていてぱっと見ると似ていますが、9は胴体にジッパーがあったり、2は胸元にリボンがあったりなどそれぞれの個性がはっきりと描かれているのが魅力です。

 

登場人物の名前や、1はマントを羽織っていたり、見た目からしてもリーダーっていうのが分かり、シンプルで分かりやすいです。

 

ジェーン・アッカー監督とティム・バートンの独特な世界観が融合し、ダークでより味が出ていると思います!

 

「ロード・オブ・ザ・リング」の主人公、フロド・バギンズを演じた、イライジャ・ウッドなどの豪華な声優陣にも見どころです。

 

映画「9〜9番目の奇妙な人形〜」の簡単なあらすじと結末(ラスト)ネタバレ注意!

古びた研究室で目を覚ました、麻布で作られ、背中に9という数字が書かれている人形。

 

彼が目覚めた時は、人類が滅亡した後の世界でした。

 

自分が何者かを知る為、荒れ果てた世界に飛び出します。

 

背中に2と書かれた自分と同じような人形と出会います。

 

その時、巨大な機械獣が現れ、2が連れ去られてしまいます。

 

2以外の仲間達と出会います。

 

彼らは機械獣を恐れ、隠れて日々を送っていました。2を助ける為、9と共に立ち上がります。

 

「人類は何故、滅びたのか?」、自分の生きている意味を知る為に。

 

2と共に襲われた時に、9も怪我を負います。

 

5が現れ、9を助け、怪我の処置をしてくれます。

 

2が連れ去られた事を告げると、5は以前2に助けられた事があり、2人(?)で救出に向かいます。

 

そこで、他の仲間達と出会い、ビーストを倒しに行きます。

 

ビーストを倒すヒントを見出す為に、9が目覚めた部屋に戻ると、死んでいる老人が木箱を持っている事に気づきました。

 

木箱を開けると、映像が流れ、その老人は科学者で、ビーストと呼ばれるマシンは彼が作ったもので、彼の知識が入ってる人工知能が埋め込まれていると言うのです。

 

それが「魂」を入れる前に未完成のまま軍に取り上げられ、軍事に使われ、暴走し、人間を殺していきました。

 

科学者はマシンの暴走を止める為、自分の魂を込めた9体の人形を作り、力尽きて死んでしまいました。

 

9体の人形は最後の頼みの綱だったのです!

 

9が最初に持っていたボタンは、2を助けに行った際、マシンのくぼみにボタンが入りそうだなと思い、入れたら魂を奪う装置でした。

 

科学者の映像により、ボタンの正しい使い方を知り、マシンによって魂を抜かれた仲間を助けに向かいます。

 

マシンがボタンを晒す時は、誰かの魂を吸っている時だけ。

 

9が囮になろうとするが、1が彼を押しのけて身代わりになります。

 

すぐさまマシンからボタンを操作して、マシンに吸い取られた魂を取り返し、マシンの機能を停止させます。

 

取り返した魂を開放し、5体の魂は笑顔を浮かべて、天に昇っていきました。

 

人形達が勝ったのです!

 

廃墟に残された4体の人形の物語は幕を閉じます。

 

マシンに怯えていた日々を過ごしていた人形達は、自分達を守る為に一つのルールに添って生活をしていました。

 

固くルールを守る1に対して頑固じじぃめ!と思っていましたが、ビーストから人形達を守る為、生活を脅かさない為に守っていたんでしょうね。

 

9が囮になる時、1は「人間の尻拭いを、どうして我々が・・・」と言い、身代わりになってくれます。

 

最後の言葉はとても1らしい言葉だけれど、本当はすごい仲間思いだったんですね。

 

そんな1を見ていると固くルールを守っていくのか、9のように勇敢に仲間を助けて守るのか、どちらも仲間の事を大切に思っているけど、どちらかが正しいのか難しい所です。

 

シンプルな設定だからこそ、難しい内容でも分かりやすかったと思います。

 

けれど、80分という短い中で凝縮されすぎて、疑問に思う所は節々にありました。

 

DVDでは、監督が大学生時代に作成した元ネタの短編映画が収録されているみたいなので、それも見てみたいと思います!

 

映画「9〜9番目の奇妙な人形〜」動画フルを無料で視聴する方法

 

映画「9〜9番目の奇妙な人形〜」のフル動画を無料で視聴する方法は動画配信サービスの「U-NEXT」を活用する方法になります。

 

U-NEXTはかなり多くの映画やドラマがあり、配信本数は120,000本以上!

 

月額基本料金1990円(税抜き)で、対象作品の映画(洋画、邦画)が無料で見放題になっています。

 

そのU-NEXTなんですが、現在「31日間無料キャンペーン(ビデオサービス)」を実施しているので、31日間は無料!

 

注意が必要なのは、全てが見放題ということではなく「見放題対象作品」と「レンタル作品」の2種類あるということ。

 

しかし!映画「9〜9番目の奇妙な人形〜」は見放題対象となっているので、31日間は無料でお試しができるので、スマホやタブレットで映画やドラマが見放題で楽しめます!

 

入荷したばかりの新作映画もU-NEXTのキャンペーン特典で貰える600円分のU-NEXTポイントを利用すれば、無料で視聴可能。

 

もし試してみて必要なかったら、無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓

>>まず「U-NEXT」の無料お試しを利用してみるならこちら

>>「U-NEXT」でどんな作品が観れるチェックするならこちら

 

本サイトの配信情報は2018年2月16日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはU-NEXTの公式ホームページを確認してください。

U-NEXTの登録の流れがよくわからない方はこちらを確認してください。

⇒ U-NEXTの登録の流れはこちら

おすすめの動画配信サービス

ドラマや映画(邦画、洋画)、電子書籍など、お得に楽しむことができるおすすめの動画配信サービスを紹介します!

実際にサービスを利用した方の口コミや評価なども紹介しているので参考にしてみてください♪

名探偵コナンで人気の映画シリーズ

歴代の名探偵コナンの映画シリーズをコナンファンの口コミや評価をもとに作ってみました。

名探偵コナンの映画は年々進化しているので、ぜひランキングを参考に観たことがない作品があったらチェックしてみてくださいね!

このサイトの最新記事

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA